USBでUbuntu (persistent)を持ち歩くときのメモ

自宅ではUbuntuマシンを作っているのだけれど、久々にUSBで持ち歩けるUbuntu (Liveかつ永続ストレージあり (persistent) )を作成しようとして地味に苦戦したので、最も参考になった記事をメモ。

qiita.com

ポイントはmkusbを使うところ。Live環境で以下を実行し、mkusbからブータブルなPersistent Live USBを作る。

sudo add-apt-repository ppa:mkusb/ppa
sudo apt update
sudo apt install --install-recommends mkusb mkusb-nox usb-pack-efi

mkusbでは、grubmsdosではなくusb-pack-efiを選択するのもポイント。

ちなみにUSB起動だといろいろ時間がかかるので、外付けSSDが使えるとベスト。